2017年09月02日

どうして移住活動があちこちで??久しぶりに東京たくさん歩いてぐっすり寝ちゃったログ( ̄▽ ̄)。o0○

自宅じゃないため、体重不明。

出張から戻った9月6日の体重は65.7sより増えているのか?減っているのか?

さくっと9月1日の東京行動ログを

6時に起きて、支度して、ホテルの朝食バイキングをいただいた。

9時 ホテルロビー集合 → ハローワーク品川 → ハローワーク品川マザーズコーナー(今年7月から設置されたそうです。) → ふるさと回帰支援センター 「どさんこ交流テラス」 → 移住・交流ガーデン → 14時〜20時10分 パレスサイドビル9F マイナビルーム  → 20時30分 ホテル着

久しぶりにPC入れた重たいカバン持ちながら、都内を歩き回った

歩数は7300歩くらいだったが、北海道で車移動にすっかり慣れてしまっていたためか、PR活動現場から帰るときは肩と足が痛くて仕事仲間に荷物を持ってもらってしまった


やっぱり関東暮らしと北海道北見暮らしでは、日常運動量がぜんっぜん違う。

関東生活3月後半〜6月30日までは、千葉市から飯田橋まで仕事通っていて片道1時間30分くらいの通勤時間、往復3時間かけて歩いたり階段使ったり電車で立っていたりしていた

今じゃ考えられない北海道での快適車生活っ

運動量がっつり減るから、北海道行ったら太るんじゃないかと思っていたけど体重は減っていった。

やっぱり単純に食べた量と運動量(疲れる量)のカロリー計算どおりには体重って動かないものなのよねぃ

東京歩くの嫌だ〜!!とは、まったく思わないし、こっちで歩いたり電車で立っていたり階段上り下りするのは自然に運動できてよいものだとも思うんだけど、楽しんで運動しているのとちょっと違うので身体的にはストレスあったのかも知れないですね。


昼ご飯
IMG_20170901_124337.jpg

夜は仕事仲間とずっと気になっていた立ち食いステーキのお店「いきなりステーキ」へ。(実際は座って食べられました。)

IMG_20170901_205656.jpg

リブステーキ300g

東京都知事の小池百合子さんも「いきなりステーキ」でステーキ食べてエネルギーチャージって新聞記事が貼られていたわ



ハローワーク品川(東京都港区芝5-35-3)内に7月からできた「マザーズコーナー」では、お子様がいらっしゃる状態でよりよく働くための相談ができる場所でした。

マザーズとありますが、お子様育てているシングルファザーさんも、これからお子さんを…と考えている方もOKだそうです。


ふるさと回帰支援センター(東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8階)では、多くの都道府県の相談員デスクがあります。

有楽町で北海道情報が得られて相談できる「どさんこ交流テラス」
どさんこ交流テラス1.jpg

交流どさんこ交流テラス2.jpg

ふるさとへ帰りたいけど状況はどうなのか?といったご相談はもちろん、行ったことはないけど「どこか自分に合うところを探して移住してみたい」と思われた方の相談もOKです。

移住・交流ガーデン(東京都中央区京橋1丁目1-6越前屋ビル1F)の資料も豊富です。
相談員さんもいらっしゃいます。
移住・交流ガーデン.jpg

移住・交流ガーデン1.jpg




どうしてこんなに移住、移住ってあちこちで力入れているかといいますと…

日本人は減ってきている…このままでは加速的に減っていき、日本人だけでは日本を維持できなくなるかも知れないからです

なんと、東京23区内でも若い人がいなくて、町内会機能がまったく不可能になってしまったという地区もあると、7月の都議選演説で何度も聞きました。

地方過疎化だけの問題じゃなく、東京でさえそういった状況…東京下町に住んでいて地方のようにシャッターしまった通りが増えたのを実際見ていてかなりマズイと感じた私です。

日本の人口減少対策のひとつに、自分が自分らしく生き生き生活できるところへ移住して、自分もその地域も活性させ、日本全体を立て直そうという動きのひとつに「移住」があるのです。

とはいえ、知らないところへいきなり移住するなんてありえないですよね。

自分が自分らしく生きられる場所を見つけてもらうには、東京など都市部も含め、各地が「ここはこういう人に適した場所ですよ〜!!」って情報発信が必要なので、こういった施設があったり、私みたいな仕事があったりするんです。

なので、北見市だけにたくさん人が来てほしいというわけではなく、自分が自分らしく自分の望み通り(たとえば子育て計画、仕事スタイルや趣味など)に生活できそうだと思う場所があったらそこへ移動するという生き方もあるんだって選択肢を加えてほしいということなんです


この前の出張のときにいろいろな地域の方と話すことができましたが、ある地区では中国の方を移住させる計画進行中だそうです。

それが実現すると、その地区の人口割合は3人に2人は中国の方ということになるそうです。

中国の人と仲良くなったこともあるし、中国の人にきてほしくないなんて特別思わないけど…人口増やす対策としてそれってどうなんでしょう????

でも、それだけせっぱつまってしまった地区状況ってのもあるのだろうね。

私としては、できれば日本人主体で日本を維持できる状態を継続していければいいよな〜、北海道以外に住んでいる方だって北海道に旅行きたときに日本語通じる日本人多いほうがいいんじゃないかな〜、北海道の野菜や魚介類がなくなったら困るんじゃないかな〜、などと思うので、微力でも毎日意識して日本人減少現象に抵抗し続けたい。

のでので、「おいでよ!北見」ブログ協力をはじめ北見市PR活動続けていきます

20170901現場.jpg



息子が小学生の頃、葛飾区柴又に8年住んでいたけど、柴又帝釈天参道がだんだんシャッター閉まっているお店が増え、以前は観光バスがたくさんきていたのに来なくなったのを目の当たりにし「東京でもこうなんだ〜」とショックだったって私に、ポチッとしてくださると嬉しいです

気分上がれ〜!!今日も仕事がんばるぞ〜!! おうお おうお おうお ふうふう

posted by れいれい at 07:53| 北海道 ☔| Comment(6) | 日本人消滅しませんように… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする