2017年06月13日

67.7kg 今年も会ったほうがいいよね(´・ω・`)

今朝の体重67.7kg 体脂肪率35.7%

仕事休みだと冷房にあたることがないが、仕事だと通勤電車や職場で冷房…冷える
かといってがっつり着込むと汗ばむときも…スカーフや日焼け防止手袋など活用したり、踏ん張り立ちしたりお腹引っ込めたり、冷え対策をもう少し意識しよう。
きゃ〜、今日は最高気温21度ですって!寒いわよぉおおお。
1日ひとつずつ日常のクセづけアプローチを増やしていくじょっ

引越まで11日 関東生活終りで北海道人になるまで18日


今日は自分の頭整理つぶやきしてもいいかしら。


昨日仕事帰ってきてから、父の弟の奥さんに電話した。

また今年も、父と叔父を会わせましょうよと。

父と叔父は、去年7月に10年くらいぶりに再会した。

私が二人の電話のやりとりを聞いていなかったら、いまだに会えていなかったかも知れない。

そんなに会えていないなら私が連れて行けるのに、なんで言わないのよぉ〜と連れて行った。

父が「申し訳ないな」と言いつつも、ワクワクしているのがわかった。
20160723wakuwaku.jpg

と言いつつも、300qのドライブで父がぐったりしないか少々心配だった。

でも道中、まったくもって最初から最後まで心配なく元気だった。

サービスエリアでお約束のソフトクリーム。
20160723oyakusoku.jpg

そしてとうとう10年ぶりくらいの再会ランチで大盛り上がりに…

20160723ランチ.jpg

なるかと思いきや、叔父は暗い感じだった。

私がこちらの親戚に会うのは、父よりもっと久しぶり。

いたずらっ子な弟気質で、マシンガントークが叔父の特徴だったので、そんなに体調悪いのかなとショックだった。

こりゃあ、本当にランチして「じゃあ元気でね」でお別れかと思った。

でも叔父は、もう少し一緒にいたい、でも外は疲れるから…と従兄の家へ。

20160723家.jpg

父は笑って話題を探して話をするのだが、すぐ目をそらしノリが悪い叔父。

話が途切れるとテレビの野球を見ている。

あんまり長居して体調悪化されても困ると思って、そろそろホテル戻ろうかと父に言ったら、

20160723.jpg

トコトコ叔父もついてきた

話ははずまないんだけどまったく帰る気配なく、私が近所へ買い出しに行き、3人で気まずい夕食…

201607231.jpg

父もノリの悪い叔父とついに話すことがなくなり、夜景を楽しんでいるフリをする。

あららどう締めくくろうかしら…と思っていたら、なんとこの部屋の窓から花火が見えた。

しかも3か所で上がっているではないかっ

そこで叔父もはしゃぎだしたので花火に感謝(花火の力は偉大だね)

安い部屋を予約したんだけど、父が誕生日って伝えていたことでホテル側が部屋を無料でグレードアップしてくれていたのも感謝

広い窓が2面あったから3か所の花火見えたんだもんね



父がトイレ行ったときに、叔父が昔のようないたずらっ子の顔で私に話しかけてきた。


「おにい(父のこと)、あんなにヨレヨレになっちゃっていたんだな。

来てもらって悪かったな。

俺が会いたい会いたいってしつこく言ったから来てくれたんだろ?

歩くのもやっとみたいなのにな。」


…私から見ると、叔父のほうが歩くのやっとに見えるんだけどね


叔父がトイレに行ったとき父も同じようなことを言い、10年間会わないでいて想像以上に変わっていたお互いの様子にショックを受けていたみたい。

父の言っていることが聞き取りづらいしゃべり方、叔父のいつ転んでもおかしくないような歩き方…お互い相手のほうが体調悪いように見えて気を使っていたようだ。

で、私がクッションになればいいのかと思い、父にこっそり…でも叔父に聞こえるように
(叔父が)ヨレヨレになっちゃったね〜でも会えて嬉しそうだよ?やっぱ兄弟だね〜、さっきより元気だもん」
と言い、叔父にも同じように
「父あんなになっちゃったのよ〜、それでも会えて嬉しいって体から気持が立ち込めてるよ〜いつもより元気だもん」
と言った。

そのあとからお互い病気や体調悪い話を笑いながらするようになり、ようやくなんでも言える兄弟、10年間の溝が埋まったような感じになった。

そして自分はこうなった、ああなった、そんな話をしてお互い頑張ろうな〜って2人で笑うようになった。

これはイケる!と思って、3か月後の10月は叔父と叔母の分も2泊3日ホテルとった。

今度は父も叔父も最初から
「修学旅行みたいだな」とはしゃいでくれて大成功だった。



私にも妹がいる。

妹と10年会わない間に、お互いヨレヨレになっていたらショックだろうなと思う。

私より妹のほうが体調悪い。と思う。

昔は細かったのに、むくみで60s台にのってしまっている。

ほぼ毎朝お互い体重報告ラインしてるけど、この前34度台だったってメッセージがきた。

「度」はおかしいけど、体脂肪率のことかと思ったら体温だという

北海道へ帰ろうって思ったのは、訪問介護の仕事しながら小学生と中学生の男の子の母親しているあいまをぬって実家へ顔をだし、父の面倒をみている妹のことも心配になったってのもあったかも知れないと今日思った。

感謝はしていたけど、無意識では心配もしていたんだな〜って

私だけじゃなく妹も年をとっているんだ。

私より3歳若いからっていつまでも私より元気だって保証はどこにもないんだってこと、無意識に考えないようにしていた気がする。

人の心ってミルフィーユだなあ。




また今年も父と叔父を会わせたいと思うんだけどって叔母に電話をしたら、叔母はしぶった。

去年より叔父の状態がよくないし、よく転ぶから迷惑をかけてしまうという。

叔母もそれなりの年。

転んだら一人で起き上がれない自分より体の大きな叔父を起こすのに必死だという。

老老介護が身に染みると言っていた。

そんなパパや私の姿を見てがっかりさせたくないわあ…と言っていた。

無理強いすることじゃないし仕方ないなと思いながら30分くらい話を聞いていると…

でも会わせてあげたいね、会わせなくちゃ後悔するね、ってことになり、今年もホテルを予約した。



また、札幌で誕生日祝いやろうね父ちゃん

20160723cake.jpg
ちなみに父と叔母の誕生日は3日しか違わない。

毎年合同誕生会やろうよと言ったら、誕生日なんてめでたくもなんともないわよ、がっくりきちゃうのよと叔母は苦笑い。

それでもいいじゃん、一緒に苦笑いしようよ。って言っといた。



誰もが通る道。

避けて通れぬ道。

誰がつくったんだろね。


でも腹くくって、なるべく多くの笑顔で通っていきたい道。

たとえ泣き笑いでも能天気にシュウカツしたいものだわ。



そんな300qのドライブ、今年の7月も行きますって私に、どちらかポチっとしてくださると嬉しいです
posted by れいれい at 06:08| 北海道 ☔| Comment(6) | 私の考え方話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

60.9kg 食欲もりもりっとあるのが嬉しい(*^・^)/

目標体重:56.0kg
目標までの残り:-4.9kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:60.9kg
体脂肪率:33.8%
BMI:22.9
食事
昼食
NCM_1543.JPG
夕食
珍しくおうちご飯食べたくなり…梅干し炊き込みご飯、ジャガイモの味噌汁、山海漬、豚肉とミニトマトとモヤシの生姜焼き(たまごっちと半分ずつよ)、甘いたくあんとゆず味たくあん
NCM_1545.JPG
おやつ
おうちご飯作る前に腹ごしらえわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
NCM_1544.JPG干し柿
数日前パソコン業務中に、胸が苦しくなって胃が押し上げられるような感覚があり、2分くらいまともに息ができなかった…
ということがあったけど、とりあえずその日だけだった。

2012年4月〜7月までもそういうことがたびたびあり、父が心配するほど食欲もダウンし、なのに体重は増え続け、大出血して子宮筋腫がわかったということがあったから、え〜…まさかまたどこかに何かできものできちゃったのかなあがく〜(落胆した顔)exclamation&questionなんて考えが頭をよぎった。

でもとりあえずその症状は1回しかでていない。

そして食欲ダウンどころか、食欲増してきているので、ま、しばらく様子みようって思った

去年12月前半に体調不良やひどい腰痛を何度か感じたので、年が明けたら大腸内視鏡検査行こうと思っていたけど、とりあえずそれもストレスになりそうなので考えるのやめた。
大腸の検査は4回受けたことがあり慣れていて検査自体は苦じゃないんだけど、人数少ない状況で都合よく仕事の休みもらうのが心苦しいっていうストレス犬
4月11日の母の命日あたりにも北海道行くため休みほしいしね〜。
とりあえずにゃんこチョコさんもおっしゃっていたように、日々の体調記録メモとっておいて職場の健康診断が5月以降にあるので、そのときに大腸内視鏡検査したほうがよいか医者に相談しようっと

ほんっと今日は仕事帰りに、
『あ〜exclamation×2
とてつもなく梅干し炊き込みご飯と、たくあんと、山海漬けと、味噌汁が食べたい〜ぴかぴか(新しい)
って、とてつもなく具体的に食べたいものが頭に浮かんで嬉しかったるんるん
NCM_1545.JPG

食欲と戦いながら体重減らす気がまったくない能天気ダイエッター。

でも、食べたいもの食べて翌日一時的に体重増えようと、長いスパンで体重減ったら嬉しいじゃない。
私の性格上の話だけど、食べたいもの我慢して数日体重減っても、そのあと反動きて体重増えるって遠回りみたいな増え方するのはいやだし。
食事制限するなら、一生そういう内容の食事でいいわって思えるような制限にするるんるん

変な食欲があるとき、それは食欲の問題じゃなく心の問題。
変な脂肪のつきかたがあるってことは、日常長くやっている姿勢の問題。
むくみは体内水分の滞りの問題。
そんな捉え方で日常生活を痩せ方向へもっていこうと気長に考えているのでありました
もし成功すれば、毎日姿勢よく美味しく食事をとり、日常の幸せ堪能しながら過ごしている50代になれるはずるんるん

あ…能天気といえば、昨日お客様とすれ違いざまに挨拶したときに、
『れいれいさんはいつも笑顔でいいね〜。元気がでるね〜。』
って言われた。
そのとき笑顔の意識がまったくなかった。
今の私って無意識に笑顔なんだ〜って嬉しくなったわ
30代前半ストレス太りして食事制限ダイエットしていたときは怖いとか言われていたのにね。
ダイエット関係ないときだけど20代前半もいつも何かにイライラしている感じでゴジラとか大家さんとかアニキなんて呼ばれていたなあ。

ほんと、年々日常の幸せ感じ度アップしてきているのが嬉しくてたまらんするんるん
もっと年をとったら若い頃に戻りたいって思うこともあるかも知れないけど、今のところいくら昔の私が痩せの大食いと言われながら46sだったとはいえ、2005年ダイエット成功して今より食べているのに48sだったとはいえ、戻りたい頃なんてないわあ。

食べられなくなったとき思うかもね。
食べられていたあの頃に戻りたいって。

病気でそうなるかもしれない。
それはいつやってくるかわからない。
もちろんやってこないかも知れないけど、やってこないとは限らない。

なんかいいのか悪いのかわかんないけど、そんなこと考えると元気なうちは食べたいもの食べておこうって思うし、食べたいものが具体的に頭に浮かんできやすいのよね〜かわいい

その上でダイエットできたら最高だわ
我慢と涙のダイエットには興味ない能天気ダイエット路線突っ走るわ

ランキングに参加しています。
どちらかポチっとしてくださると嬉しいです犬るんるん

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by れいれい at 23:39| 北海道 ☔| 普通普通| Comment(0) | 私の考え方話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

60.3kg 新年そうそう問題がv( ̄∇ ̄)v

目標体重:56.0kg
目標までの残り:-4.3kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:60.3kg
体脂肪率:33.0%
BMI:22.7
食事
昼食
NCM_1283.JPG
夕食
NCM_1284.JPG
もう3日ですが、2日のログを。

新年そうそう、仕事で問題が…
去年9月より人が足りない状態でなんとか乗り切ってきた感じだったのに、年が明けたらさらにいたしかたない理由で1人突然減ってしまった
ってことは新しい人が入って慣れるまで、その人が担当していた仕事が上乗せでまわってくる。
残ったメンバー、もう、笑うしかない状態
残業代はつくわけだし、ダウンしない程度にさらに頑張るだけのことよねと新年そうそう気合い入れ直したんだけど、疲れがたまると体重増えて固定される傾向にある私
忙しすぎるママさんがなかなか体重減らないのと共通するところがあるかな。

そんな仕事始めでごじゃりましたかわいい

1月20日から26日まで北海道へ帰る予定だけど、人手不足の中心苦しいな〜猫あせあせ(飛び散る汗)
4月の母の命日と、7月の父の誕生日あたりも北海道帰りたいんだけどな〜猫あせあせ(飛び散る汗)
なかなか新しい人入ってこないんだよね。
ちょっと特殊な職種ってイメージがあるのかな?
私もスカウトアプローチがなかったら応募する可能性まったくなかっただろうし。

ということふまえて今年のダイエット意識アプローチは…

かわいい仕事のオンオフ切り替え上手になりストレスをためない

かわいい良好な睡眠時間確保

かわいい先月整形外科で指摘されたストレートネックと背骨の詰まり改善


こんな感じかな

特に精神の姿勢まっすぐにってのが重要。
『もう、なんでこんなに忙しいわけよっちっ(怒った顔)むかっ(怒り)ってくさる可能性がある。
そういう精神ってなぜか無駄にお腹がすくわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

いつでも口角アゲアゲで、部外者にマイナス要素は口にしない。
愚痴は、関係者内で明るく笑い飛ばして発散する。
一人で悶々としない。

これらの意識が大事だわね

そうそう、ダイエットのときって、普段の口の形?って影響大きいなって思ったの思い出した。
口閉じて、舌を上あごにつけて、口角上げて鼻呼吸しているとそんなに思わないのに、はあ〜ってため息つくようなぽか〜んとしたゆるんだ口元していると
なんか飲もうかな〜、食べようかな〜台風って思っちゃう。
私だけだろうけど
このなんかってのがクセモノなんだよね。
あ、あれ食べたい揺れるハートって思って食べるのと違って、なんでもいいからなんか食べて今の嫌な精神状態を満腹感と切り替えたいわ〜ってだけの逃げみたいな食欲。
それはそれで幸せな日常維持のためときにはいいと思うんだけど、それがしょっちゅうのクセになっちゃうと体重増えるスパイラルに入る…それが30代前半の太り方だったし気を付けよう〜っとひらめき


ランキングに参加しています。
どちらかポチっとしてくださると嬉しいです犬るんるん

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by れいれい at 23:59| 北海道 ☔| 普通普通| Comment(0) | 私の考え方話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

60.8kg 選択の繰り返し( ̄ー ̄)

目標体重:56.0kg
目標までの残り:-4.8kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:60.8kg
体脂肪率:31.9%
BMI:22.9
私の右足のひざ、3年くらい前から考えると内側への曲りがすすんだ気がする〜猫
NCM_0857.JPG
もともと右足はX脚の傾向って言われていたから気を付けようって思ってきたんだけど、2012年の子宮筋腫騒動、2013年の腰痛影響でお腹や腰をかばうように歩き方が変わり、足や骨盤が2011年までと違ってきていたのを感じていた。

トイレで拭くのも大変だったくらいひねりのポーズができなかったり、歩いていて何もないところでしょっちゅうつっかかったり、内臓の位置がな〜んかずれている気がしたり、1回で排出できないかのようにトイレへちょこまかいったり…そんなことで骨盤と足の骨がずれてるからじゃなかろうかって思った。

そして、2014年1月から転職して仕事で体を使うようになり、少しずつ改善できてきているとも感じている

さくさくっと歩いているご高齢の方を見ると、背筋や足腰がゆがんでいないってのがポイントなんだろうな〜って思う。
そしてあまり太っていない。

細い人を横から見ると、まっすぐな人って多いなって思う。
若いうちの少しのゆがみが加齢の筋力の衰えととともにどんどん曲がっていく…なるべく長く自分の足で歩き続けられる老後を目指し、これには極力抵抗しようと思っている。
のでので、うちにはストレッチボードのほか、ぶら下がり健康器もあるんだじょ〜わーい(嬉しい顔)るんるん
(私じゃなく、洗濯物がぶら下がっていることが多いけど…)

まっすぐにまっすぐに…楽しく歩き続ける時間を長くとりたいから姿勢から入る私のダイエット

楽しく歩くには体の姿勢だけじゃなく、心の姿勢もまっすぐがいいわけで

そこで、なにをもって心まっすぐとするのかってことなんだけど。

私は、選択を自分でしているって意識を持つってことをまっすぐな心の状態って考えている

ケーキを食べたいと思った。
でもダイエット中だからやめた。

ケーキを食べたいと思った。
ダイエット中だけど、食べたいと思っちゃったものを無理に我慢すると、それが叶えられるまでストレスになり、いつかどかんとくるので半分だけ食べた。

ケーキを食べたいと思った。
ダイエット中だけど、それ食べて明日体重が増えていたとしても後悔しないか?と自問自答したら、後悔しないと自分の中から返事がきたので食べた。

ケーキを食べたいと思ったらどうするか?
それに対して全人類に共通する正解というのはないわけで。

だから、食べなくても、半分だけ食べても、全部食べても、他人からみれば『好きにすれば?』ってわけで。
本人が心から納得して実行している選択ならよいわけで。

いつも見ているわけじゃないんだけど、今朝腸モミしながらたまたまNHKの【まっさん】ってドラマ見ていた。
どうやらスコットランドの女性と、日本の男性のカップルがいて、日本の男性が日本でウイスキーを作るのが夢で、スコットランドの女性はその男性の夢を叶えるために親元を離れ日本についてきたらしい。
それを日本の他の女性が、
「親を捨ててきた薄情な女のことなんて理解できない!」と責めた。
スコットランドの女性は泣きながらその場を走り去っていく。
追いかけて追いついた男性は、ウイスキーはスコットランドでも作れるから一緒にスコットランドへ帰ろうという。
スコットランドの女性は、
「今すぐにでもママに会いたいと思うけど、そんなこと言われてもちっとも嬉しくない!」と怒る。

ほんと、人生っていろんな選択の繰り返し。
ここまで大きな選択はめったにあるわけじゃないけど、大切なのはなんでもない日常段階から選択力をつけることだと思う。
やらされているとか、ダイエットだから仕方ないとか、あきらめ感とか、他人から批判されたくないとか、そういった思考を極力少なくし、私がこうしたいからこうした、私が納得してこっちを選択したからこうしたと物事をとらえる力をアップさせていきたいって思っている。

選択するまで悩む時間はあって当たり前。
そのストレスの間、体重増えても体が応援してくれているって思えばいいんじゃない?って思っている。

辞めることも視野に入れていた9月のどかーん仕事ストレスも、ようやくその領域に入ってきてよかったと思っている今日この頃なのでした

ランキングに参加しています。
どちらかポチっとしてくださると嬉しいです犬るんるん

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by れいれい at 08:45| 北海道 ☔| 普通普通| Comment(2) | 私の考え方話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

59kg 水戸駅行って来た(*^・ェ・)ノ

目標体重:56.0kg
目標までの残り:-3.0kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:59.0kg
体脂肪率:31.9%
BMI:22.2
精神的に落ち込み気味な状態。

精神落ちているときは体重増えやすいし、たかだか仕事のことですべてがどんよりするのも不本意だし、どうにかしよう〜と日々考えている。

で、昨日の休みは気になっていた常磐線という路線の電車に乗って明るいうちに行けるところまでいってみようって思った犬揺れるハート

で、水戸駅で降りてみた

すごくホテルが多くて、広々としていて、晴れた秋空が気持ちよかった〜
1409013水戸駅.JPG

水戸納豆?のモニュメントもあったわ
1409013水戸納豆.JPG

駅ビルでインドカレー食べて15分くらいプラプラ歩いて帰ってきた。
私って、乗り物で知らない景色を見るの好きなんだな〜って再認識した

家で落ち込んでじーっとしていても時間経ってしまうだけで何も変わらないけど、乗り物乗れば自分が動かないでいても、窓の景色はどんどん変わっていく。
それがなんかいいんだろうな〜
ある程度ベース作っておけば焦って動かなくても、間違った方向見ていなければ周りが勝手に変化していくわけだわさ〜みたいな気持ちになれる
せっかく乗り物乗っていても、目をつぶってしまっていたり、床ばかり見ていたりしては躍動感はないわけで。
仕事でも嫌な面ばかり見ないで躍動感得られる方向見ていればいいのよね、それさえもなければその場所から去ること考えれば良いだけのことって思ったら少しスッキリした晴れ

で、またまた今日は便秘5日目だったわりには59sでおさまっていたのかなってことで小躍りしておいた
なんとか便通リズム戻ってきてほしいわあ。

明日は早出4時半起き。

おやすみなさいませ〜

ランキングに参加しています。
どちらかポチっとしてくださると嬉しいです犬るんるん

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by れいれい at 22:50| 北海道 ☔| 普通普通| Comment(4) | 私の考え方話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

58.9kg 認知のゆがみがとれたきっかけ( ・_・)/

目標体重:56.0kg
目標までの残り:-2.9kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:58.9kg
体脂肪率:32.3%
BMI:22.2
昨日、認知のゆがみについてふれた記事を書いた。
認知のゆがみがひどくなっていくと精神的な病気になってしまうこともあるってことだけど、そこまでいかなくても認知のゆがみで苦しい毎日過ごしているうちに体調に影響してくることってあると思う。

2004年、低血圧だったのが高血圧になっていたってのもその一つかなと思う。
もちろん63sまでストレス太りで太って血管を圧迫したせいという身体的事情もあるんだろうけど、2005年ダイエットに成功して血圧が正常範囲になってからまた63s以上にまで太っても血圧は正常範囲のままだった。
低血圧のときはそれはそれで朝起きられなかったり、すぐふっと眠ってしまったりと辛いことがあったので、一度太って高血圧になって2006年からはずーっと正常範囲におさまるようになって結果オーライわーい(嬉しい顔)揺れるハート

ってことは、やっぱり気持ちのあり方やストレスの状態が血圧に関係するって本当なんだなと思う。

2005年精神デトックスされてダイエットに成功してからまたまた63sになったときもストレスが原因と思われるけど、人間生きていく上でストレスってのは避けられないし、それがあって成長もできるわけで。
大切なのはストレスの質をどうするか、いわゆるストレスをどう受け止めるかなんだなって思う。
そこに認知のゆがみ項目をチェックするのって有効かなと。

太り方にも質があるしね。
体積っていうのかな。
ストレスがあった2004年に63sになったときは、70s以上あるように見られていた。
2004年とはがらりと変わった精神状態で63sになったときは、60sあるなんて思えない〜と驚かれるようになった。
2004年の太り方のほうがむくみがひどくて血管圧迫していたのかな。
今より手足が氷のように冷たくて、床に座っていると足はさつまいもみたいな色になっていたし。
体重だけでは判断できない体内変化ってあるんだろうなあ
太り方の質も、日々の認知が影響していると思う。

認知のゆがみを知る前に、私はあることがきっかけで認知のゆがみがとれたみたい犬ひらめき
ほんと些細なこと。

それは当時働いていた職場の研修のある質問。

「あなたが仕事で帰りが遅くなったとします。
子供がお腹をすかせて待っていました。
帰ってきたあなたに子供が、遅いよ、お腹すいたよと言いました。
あなたは子供になんて答えますか?」


研修に参加していたのは、私含めて子供がいる正社員女性3人。
3人とも
「ごめんごめん、今すぐ作るから待っててねあせあせ(飛び散る汗)
みたいに答えた。
プラス私は、
「それ以外、どんな応え方があるというのか…いわゆる模範解答がまったく想像つかないんですけど。」と付け加えた。

すると研修担当者は、
・仕事は悪いことですか?
・仕事で遅くなるのは悪いことですか?
・悪いことをしているわけではないのにごめんと謝るのはなぜですか?
・子供は自分がお腹すいたということを伝えただけじゃないですか?
・ごめんと謝られた子供は自分が悪いことをされたと思いませんか?
・仕事=家族に悪いことしているというイメージ持ちませんか?(自分も子供も)
・仕事だから仕方ないってあきらめのイメージ持ちませんか?(自分も子供も)

ということをあげてきた。

最初は、職場にもっと貢献するように洗脳(?)するつもりかな?なんて思いながら聞いていたんだけど、そうじゃないってことに気が付いた。
早番遅番はあったけど、予定外の残業がある職場じゃなかったし。

研修担当者が提示した子供への答えは、
「いつも留守番していてくれてありがとうね。
あなたがいつもきちんと待っていてくれるからママは安心して仕事ができる、本当にありがとう。
お腹すいたよね、今すぐ作るから待っててね。」

だった。
このときの話の主旨は、家庭でも職場で仕事仲間やお客様に対しても、
「ありがとう」という感謝の気持ちを
表現しているか?ということだった。

研修担当者はもっと上手な説明をしていたけど、私の理解では、ごめん(職場ではすみませんかな?)という言葉をそれさえ言えば何でも許される免罪符として安易に使っていないか、謝るところは謝って当たり前なんだけど、謝ることをしたということは相手が何かしらフォローしてくれているわけで、そこに感謝の気持ちを表現しているか?ってことになった。

たとえばお客様からクレームがあったときに、「申し訳ございません。以後気をつけます。」って謝るだけなのと「申し訳ございません。お知らせくださり助かりました。ありがとうございます。」と感謝の気持ちもプラスして答えるのとでは今後の関係に違いが出てくる。
研修担当者は、お客様に対してもそうなんだけど、お客様への対応は研修やマニュアルが充実しているから問題ないと思うと言った。
日々関わっている職場の仲間、そして家族に対して感謝の意識をもっと強めてもらうことで日常的にストレスを減らすことができ、生き生きとした笑顔で仕事できるのではないかということを言っていた。

その研修を境に目が覚めた感じだった

小さな日々の積み重ねのイメージってすごく大事。
体だって、日々猫背でいたら猫背がひどくなっていくわけだし、左ばかり頬杖ついていたら私の口は左上がりに曲がってしまったこともある。
心もそんな感じなんじゃないかって思った。
悪いことをしている事実や認識がないのに安易にごめんと謝ったり、私はほんとダメだと周りに言っていたりすると、周りがそういう対応してくるだろうからさらに自分は悪いことばかりしてダメ人間なんてイメージを持ってしまうだろう。
だからと言って自分は悪くない、ダメじゃない、どうだ〜手(グー)ぴかぴか(新しい)みたいな開き直り表現ばかりしていたら人が離れていくだろうし無意識層では自分を責めるのだろう。
だからすぐ謝ったり下手にでる場面があったりするんだろうけど、それでストレスためるのってどうなんだろう???とは思いつつ、他の何でカバーすればよいのかわかっていなかっただけなのだ。

感謝の言葉の表現かあ

そのとき職場や付き合いのある人の中に苦手な人とか嫌いな人ってのはいなかったけど、さらに掘り下げて感謝の言葉の表現をしていくようになって、逆に私がこれだけ助けられているんだなって再認識することになり、恵まれてるんだ、幸せなんだって思えるようになった。

あんなにイライラしていた子育てストレスも、うちの子は宿題しないし学校には友達に会いにいっているだけだし…なんてなんだかんだ言いながらも「子供が熱を出したので休ませてください〜なんてことがなく皆勤賞とるくらい健康で、私が仕事していることに関しては「頑張って稼いできてね」と言うし、うちの子ったらなんて素敵なのと思うようになった

ちょうど高血圧ってわかったときだったので、自分の体の中にも感謝するようになった。
ストレスだからいいのいいのって食べ過ぎていたけど、この程度に体重おさえてくれていてありがとう自律神経、とか、いつも体重支えてくれてありがとうヒザ、とか、ぬるめのお風呂にゆっくり入りながらいろいろ考えたわ。
それまで何もかも面倒くさい〜、この先年とってさらに苦労の連続ならもう死んじゃってもいいや〜って思う〜なんてメールを友達にしていたのに、感謝ってこと意識したら日常の認識が180度変わってしまったの

些細な質問ひとつで考え方が変わり、認識が変わり、その下準備があったから2005年1月は20日で5s落ちたんだと思ってます〜わーい(嬉しい顔)揺れるハート

普段の意識ってほんと影響大きいですよねかわいい


ランキングに参加しています。
どちらかポチっとしてくださると嬉しいです犬るんるん

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by れいれい at 12:03| 北海道 ☔| 普通普通| Comment(4) | 私の考え方話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

58.4kg ちょっと嫌な予感 (-人-;)

目標体重:56.0kg
目標までの残り:-2.4kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:58.4kg
体脂肪率:33.2%
BMI:22.0
もう3日経っているけど…9月になりましたね。
8月いっぱいで仕事の主要人物が一人辞めてしまいました。
そのことは6月に聞かされていて、それに付随していろいろな話があり、それを聞いた私が翌日から仕事に出てこないのではないかって心配されたくらいがびーーーーんな状況です。

正直、仕事辞めることも考えた。
今の仕事に就くまで、フリーで講師の仕事していたから誰かと連携とって仕事するって感じじゃなかった。
だから余計にいろいろなしがらみ話を聞いちゃったらぽ〜いって投げ出したくなった…んだろうな…ん〜…これは今までにない成長の材料なんだと考え直して今に至る犬

何とか乗り切るぞ手(グー)exclamationと考え直して今に至る。

…でもね、なんかイマイチ、のまれているなあ〜…負けている感があるな〜と思う。

よーし、やったろうじゃんっパンチどんっ(衝撃)
って感じじゃない。
何とか無事乗り切れますように…って祈るような弱気な気持ち。

そういうのってモヤモヤストレスになってしまうんじゃないか。
それが体重増えさせてしまうんじゃないか。
そんな嫌な予感がしている。

嫌な予感台風
嫌な予感がするからその通りになるに違いないっていう認知のゆがみになってしまうと自己暗示になってしまう。
そうならないよう早めに対策を練ろうと思う。
これもダイエットメンタルアプローチのひとつ

私だけかも知れないけど、ダイエットのとき物事の捉え方を間違えると、すぐに暗示になりやすくて自律神経に影響する気がする。
認知のゆがみは10パターンと言われているけど、有名なのは
全か無か(私の若い頃がそうだったけど、いわゆる白黒両極端)と、
マイナス思考ってやつかな。
ほかに8パターンありまする。
たとえば、たった1度の失敗や悪い出来事を常に起きるコトだと思いこむ思考パターンとか、どうせダメなんだと将来を決めつけてしまう思考パターンとか。

あ、認知のゆがみ検索して調べてみるのはいいんだけど、どれかに当てはまってもすべてがダメってわけではないです。
人それぞれ認知(物事の捉え方)のクセってあるんだけど、それが自分を苦しめるようなゆがみがないですか〜?ってのが認知のゆがみです。
たとえば、私は自分をほめて育てる能天気ダイエットパターンだけど、ストイックに自分を追い込んで追い込んでというダイエットパターンの人もいるわけで。
どっちが正しいっていうのではなく、その人に合った方法が良いってわけで。
教育方針や会社の方針なんかもそれぞれですよね。
厳しい家庭(会社)もあれば、ゆるゆる育てる家庭(会社)もある。
どんな方法でも、自分で自分の首をしめるようなことになっていなければいいわけで。

ストレス太りが特徴の私の場合、ダイエットするなら体の姿勢をまっすぐにするのも大切だけど、その前に認知のゆがみもまっすぐにしておかないと成功するものもしないのかも知れないって実感している。
自分の失敗や短所を必要以上に大きくとらえ、自分の成功や長所は「そんなの大したことない」と小さく考え、他人の成功や長所はとても大きくとらえる思考パターンっていうゆがみもあるんだけど、ひどい依存に傾く可能性が大きいよね。
それほど便秘じゃないのに便秘薬がんがん飲んでしまったりとか、もう十分何かしているのにもっとしなくちゃと思ったり。
若い頃は全か無か思考だったから、私にやるだけやったらあきらめ早いって要素がなかったらかなり体壊していたかも

気になった方は、認知のゆがみって言葉で検索かけて確認してみてくださいまし

ストレスにめっためたにやられていたときは、認知のゆがみだらけだった。
めっためたにやられる前に認知のゆがみの項目を知りたかったなって思った

そして、認知のゆがみであげられている10パターンを逆手にとると幸せな能天気になれるかもって思ったわ
たとえば、体重が増えていた時は「そんな小さなこと…」と記録だけとって無視無視
100gでも減っていたら小躍りして大喜び〜ぴかぴか(新しい)
この私のパターンは、認知のゆがみの逆手をとったものなの〜るんるん

ではでは、今日もはりきって仕事行ってきます手(グー)ぴかぴか(新しい)


ランキングに参加しています。
どちらかポチっとしてくださると嬉しいです犬るんるん

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by れいれい at 06:10| 北海道 ☔| 普通普通| Comment(6) | 私の考え方話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする