2018年07月02日

63.5kg 北見市に引っ越してきて丸1年!! OGF(置戸グリーンフェス)行ってきたo(・∀・)o

北見市に引っ越してきて、まるっと無事に1年経ちました

無事なだけじゃなく、楽しく過ごせたなっ

楽しく過ごせたのは、ラッキーにも引っ越してきてすぐ知り合えた焼肉愛ちゃんのおかげだなあ

で、今日は、またまた焼肉愛ちゃんが誘ってくれたイベントへ出かけたわ

朝7時30分に焼肉愛ちゃんたちが迎えに来てくれて、うちから30分くらいのところにある置戸町(おけとちょう)のイベント、「OGF(置戸グリーンフェスティバル 2nd)」へ行ってきました

20180701OGF.jpg
このときは、まだそんなに雨降っていませんでしたが、帰る頃はドロドロになるくらいの雨でした

それでも、みんなノリノリ 私はフェス初体験
【田植えフェス】って言っていたから、本当にそういうコーナーがあるのかと思っていたよ
雨でドロドロになることだったのね。

ライブステージスタート時
20180701OGF15.jpg
ステージ終了、実行委員の皆さんの挨拶。
20180701OGF18.jpg
看板。
20180701OGF19.jpg

最後のKEMURIさんが
「人口3,000人の町でロックフェスやったっていいじゃないか!どうか続けて!」
って言っていましたが、ほんと、6組のアーティストさんたち置戸町の環境に驚いていたみたいです。

置戸町の人口、置戸役場のホームページによると5月31日時点では2,938人で3,000人きっているんですけど、ある人から聞いた話だと、これだけのイベントをやるには、置戸町の人口以上のお客さんを呼びたい規模だそうです。

実行委員の皆さんの広報活動で、置戸町以外の市町村からもお客さんが集まり、帰りに熱い一言メッセージ書き込んでいく方がたくさんいました
20180701OGF20.jpg

小さな田舎町の大きな挑戦。

実行委員の方々は、自分たちの仕事をしながら準備するわけで、すごく大変なことだから、毎年実施するのは厳しいようです。

ということで、1回目のフェスから3年ぶりに今回の2回目を迎えたそうです


3世代が楽しめるステージ!を目指したということで、私の年代が反応しそうなPUFFYがいたり、81歳の加山雄三さんが主役のバンドがあったり、…ごめんなさい、他のアーティストさんたちは私初めての方々でしたが、若い方に人気なのでしょう★

誰のステージのときでもお客さんみんなノリノリで、アーティストに「みんなすごい!」とか、「最高だね!」とか、「どうしてここに呼ばれたかみんなを見てわかった!」などとステージから声をかけられ最高に嬉しそうでした

アーティストたちにとっては、大都市と比べると当然観客の少ないステージとなったと思いますが…本当にお客さんみんなが嬉しそうで踊りながら楽しんでいたんです。

「若い人も、それなりの年齢の人も、雨でドロドロになっても心から楽しんでいる。
人口が減り続けている小さな町にアーティストを呼ぶという大変を乗り越えて、地域の気持ちを盛り上げる行動だあ!」とビシバシ感じて涙が出そうになったフェス初体験でした


痛み止め飲んでいるからか、全身ウォーターベッドみたいな感じだよ〜って私にぽちっとしてくださると嬉しいです


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村

いつも元気ノリノリたくさんありがとうございます

posted by れいれい at 00:18| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。